• ホーム
  • 感染しやすいので気をつけて!風俗は性病の温床になりやすい環境であること

感染しやすいので気をつけて!風俗は性病の温床になりやすい環境であること

2020年05月10日

個人間の性行為だけでなく、性風俗店のサービスも性病の温床になりやすいので注意が必要です。性風俗関連のサービスにはいくつか種類がありますが、特にリスクが高いのはコンドームを着用せずにオーラルセックスをおこなうケースです。性風俗店でオーラルセックスをおこなう女性の間で、咽頭クラミジアや咽頭淋菌の感染率が高いことが知られています。店によってはシャワーを浴びないため、病原体の感染リスクが高まってしまう恐れがあります。

性風俗店に従事する女性は多くの客と性行為や疑似性行為をおこなうため、性感染症に罹るリスクが高くなります。2014年5月に京都の性風俗店に勤務する女性の咽頭部から、既存の抗生物質が全く効かない薬剤耐性を獲得した“スーパー淋菌”が発見されました。仕事で多くの男性と性行為をおこなうため、薬が効かない新しいタイプの病原体に感染する可能性が高いといえます。

自治体によっては女性に対して、性病検査を実施することが義務付けられています。そのため一部の地域ではいくつかの種類の性病検査が行われていますが、必ずしもすべてのお店で法令通りの検査が徹底されているとは限りません。検査後に病原体に感染して、サービスを提供した際に客に病気を伝染させてしまうといったケースも考えられます。

性風俗店に勤務する女性であれば、何度もクラミジアや淋病に罹って治療を受けるケースは珍しくありません。性感染症に罹っていることが判明すると、病気が治るまで仕事を休む決まりになっています。それでも完治するまでの間に仕事ができずに収入が減ることを避けるために、病気になっても仕事を続けるといったケースがあります。

近年は都市部の性風俗店に従事する若い女性を中心に、梅毒患者が増えているという報告があります。梅毒は初期に自覚症状が出にくいので病気に気づきにくく、感染力が非常に強いのでコンドームを着用しても予防することができません。そのため、梅毒は感染者が爆発的に増えてしまう恐れがある恐ろしい性感染症のひとつです。

性風俗店ではきちんと性病検査を実施しているので大丈夫と考えている人もいますが、定期的に検査をしていても完全に病気を予防することは不可能です。お店によってはコンドームを着用しないでオーラルセックスをするため、病原体やウイルスが伝染しやすい環境といえます。コンドームを着用しても感染を防ぐことができない病気も存在するので、性風俗店は性病の温床になりやすくて病気に罹るリスクを高めてしまうことを理解しておきましょう。

関連記事
10代の性教育では、性病の感染経路をきちんと教えて予防を徹底

ほとんどの性病は、コンドームを着用することや検査を受けることで予防することが可能です。予防が可能なのに多くの人の間で病原体が伝染している原因は、病気についての正しい知識が不足していることです。日本国内で最も感染者数が多い性病のクラミジアは、10代~20代にかけての若い人の間で感染者数が増えています。...

2020年04月01日
性感染症は種類が増え続けており、AIDSのようなリスクの高い病気もあります

日本国内で感染者の多い性病(性感染症)にはクラミジア・性器ヘルペス・淋病などがあり、これらは昔から存在していました。性感染症は、時の経過とともに種類が増え続けています。グローバル化にともない人や物の往来が活発になることで、新たな性感染症が発生して人類の間で蔓延するようになりました。1980年代になる...

2020年03月02日
感染してしまったときの治療方法は?誰でもかかりうる性病のクラミジア

クラミジアは日本国内で一番ポピュラーな性感染症で、性的に活発な若者であれば数人に1人の割合で感染または発症していると言われています。短期間でセックスパートナーを変えたり、複数の相手と性行為をすることで感染のリスクが高くなってしまいます。クラミジアの病原菌が感染した場合、通常は数日程度の潜伏期間を経た...

2020年02月02日
気をつけて!クラミジアはオーラルセックスでも移るのでしっかり予防対策を

クラミジアと聞くと性器の病気と思われがちですが、性器以外の部分にある粘膜にも病原菌が感染して炎症を起こす恐れがあります。性器以外に感染するケースが多いのは咽頭(のど)の粘膜で、咽頭クラミジアと呼ばれています。咽頭クラミジアに感染したとしても普段は症状が出ませんが、風邪をひいたりインフルエンザに罹ると...

2020年01月04日
おかしいなと思ったら?クラミジアは放置せずに市販薬できちんと治す

性器クラミジアは、感染後数日程度の潜伏期間の後に初期症状として生殖器(女性)や泌尿器(男性)で炎症が起こります。初期症状の段階では強い痛みなどのように明確な自覚症状が出ないので病気に気づきにくいですが、違和感で病気を見つけることができる場合があります。男性であれば排尿時の軽い痛みを感じますし、女性で...

2020年01月01日
驚きの治癒率!アジーは先発薬と同じ効き目なのに値段は驚きの半額!

海外で販売されている医薬品を購入することができる通販サイトにアクセスすると、後発薬のアジー以外にも先発薬のジスロマックが取り扱われている場合があります。ただしジスロマックは、売り切れや販売休止で購入できない場合があります。この理由は、海外では先発薬のジスロマックよりも後発薬のアジーの方が人気が高いか...

2019年12月30日
ジェネリック医薬品アジーは治療効果が高く、通販で手軽に購入できる

日本国内では法律によってジスロマックやクラリスなどの抗菌薬は医療用医薬品(処方箋薬)に指定されているので、一般向けには販売されていません。これらの治療薬を入手するためには、病院や診療所で医師の診察を受けて処方してもらう必要があります。健康保険が適応されるので3割負担で済みますが、薬代とは別に診察料を...

2019年12月28日